家族が増えた時にお家の部屋の見直しを行う

TOP > お家のトラブルのお役立ち情報 > 家族が増えた時にお家の部屋の見直しを行う

家族が増えた時にお家の部屋の見直しを行う

子供が生まれるなど、家族が増えたことで、住んでいるお家の見直しを進める方もたくさんいます。
子供部屋を用意したい時に、部屋数が足りない状態となった時に、引越しをする方もいますが、賃貸ではなく、マイホームだと引越しを決断するのが難しい場合もあります。
マイホームづくりを進める際に、子供ができた時の事を考えて、工夫をする事で子供部屋を用意する事が可能です。
子供部屋を広めに用意しておき、板で仕切れるようにする事で、子供部屋がもう一つ必要になった時に、板で仕切り、部屋数を増やせるようにする事で、お家の問題を解決できるようになります。
子供部屋を作る事を考えた時に、いくつも部屋を用意するのが難しい方もいるため、広めの部屋を一つ用意しておき、板で仕切れるようにする事で勉強に集中できる部屋を作れます。


読書が趣味の方の場合、本棚を設置する際に、高さのある本棚だと、倒れてくるなどのトラブルで、家族が怪我をしてしまうリスクがあります。
本を読むのが好きな方は、お家を立てる時やリフォームを進める際に、本の収納スペースを充実させることも大事なポイントです。
玄関を広くして、図書館のような本を収納できる本棚を設置する事も可能ですし、階段などの空いているスペースに本棚を用意する方法もあります。
本棚を住まいのいろんなところに用意する事で、家族が好きな本をそれぞれ置いていき、家族それぞれが読書を気軽に楽しめるようにする事ができます。
本棚の本をうまく収納できるようにしたい方は、改めて住まいの収納スペースを確認しながら、安心感をもって収納できる方法を考えていく事も重要になります。


土地が狭い場合でも、三階建ての建物にするなど、高さを活かして住まいづくりを進めていく方法もあり、快適に過ごせる空間を作れます。
楽しく生活できる住まいとなるように、高さを上手に化した間取りにする事で、部屋数も多めにして、高さのある開放感を感じる空間に仕上げていけます。
壁をたくさん取り付けるのではなく、開放感のある空間に変えて、家族が気軽にコミュニケーションを取っていける住まいづくりを進めていけます。
家族がリビングに集まりやすい空間に変えていく事で、家族間のコミュニケーションが少なくなってしまう事のないように備えていけるようになります。
子供部屋も扉を設置しないようにして、子供と親との会話が少なくならないように、定期的にしっかりコミュニケーションをとれる住まいにする事も大事です。

次の記事へ