トップ >> 賃貸の意外な湿気対策

東京の賃貸アパートの窓

東京の賃貸アパートに入居するときには、窓の位置にも注目してみましょう。北側が壁ではなく、窓になっていると、昼間は自然光による採光性が高まっていることが多いからです。北側は、直射日光が当たりにくく、湿気が多いというイメージがあるかもしれません。しかしここでは住宅が密集しやすいため、北側に窓を設計しておくことで、自然光の採光性を高めるような工夫がされていることも多いのです。東京の賃貸アパートは、採光性が高ければ高いほど、北側の湿気対策になっています。

非公開の賃貸物件情報について

不動産会社と言うのは、アパートやマンションなどの賃貸情報を多数持っています。しかし、これらの情報は、全てを公開しておらず、限られた人にだけ情報の公開を認めている物も多くあります。大家さんなどは、アパートを貸したい人の希望が在るすです。その為、非公開にしておいて、希望する借主候補者が訪れた場合に、アパートを貸し出してくれるのです。貸主側の大家さんにも、貸したい人と言うものが在ると言う事なのです。だから、インターネットの中で希望する賃貸物件が無くても、不動産会社に行けば見つかる可能性が高くなるのです。