トップ >> 不動産を購入する方法は

不動産を買うときの販売形態

不動産を購入するときには二つの販売形態があるということを知っておきましょう。その一つが分譲販売です。分譲住宅や分譲一戸建てというような名前で販売されているのは分譲という販売形態になりますが、これは建築した業者や開発した業者から直接購入する方法を指します。比較的規模の大きいマンションや大規模に開発された一戸建て住宅の場合には分譲となる場合が多いです。分譲のメリットは、直接購入をすると言うことから、間には入る業者に支払う手数料が必要なく、その分だけ不動産を安く購入できます。

不動産購入で得することとは

不動産とは、土地やマンション、戸建て、店舗などの事を指します。これらを所有する事で税金の支払いも発生しますが、利益も生まれます。例えば、マンションなどは部屋を人に貸すことで、賃料を得ることが出来ます。また、店舗物件などは購入した人自身が店を行うのも、利益が得られますし、人に貸す場合も賃貸料を得ることが出来ます。一戸建てやマンションに自分自身が住む場合は、収入としてはありませんが、節税に役立ちます。このように不動産を購入すると様々ないい点があるのです。