トップ >> 不動産売買の税金の控除

不動産売買の免税の情報

不動産を購入したときの免税条件

不動産の売買の際にかかる税金は、できるだけ控除される方がたすかりますよね。まず、購入の際に控除される可能性があるものは、不動産取得税です。かけられる税率は固定資産税評価額の4%で、住宅用の土地や建物については3%の税率が適用されます。しかし、相続(この中にも一定の条件があります。)によって取得した場合と一定額に満たない金額で購入した資産の場合には、取得税が課税されません。税金が控除や、軽減される例はほかにも、こちらには書ききれないほどまだまだあります。また、軽減措置を受けるためには、取得から60日以内に手続きをした場合に限られます。

不動産を売却したときの免税条件

不動産を売却した際の税金が控除されるのは住宅を売った時に得た譲渡益が3000万円以下である場合です。そのなかでも、条件がついています。売却した不動産が、現在自分で住んでいる住宅であった場合です。ほかには、自分が住まなくなってから、3年を経過する日が含まれる年の12月31日までに売却した場合です。そして、もし住宅の取り壊しを行なってから更地の土地を売却する場合であれば、取り壊しの日から1年以内であることが求められます。あとは前年、前々年に売却の特例か、又は買い換えの特例を受けて以内場合です。しかし、縁故関係がある人に売った場合は対象外とされます。