トップ >> 不動産を持つという事

持っている不動産を守る

不動産を持つということは、毎年くる固定資産税の支払するお金の用意や自宅が壊れた時の修理代と全て自己負担になります。賃貸に暮らしている時には、自分の家を持つことを夢みて頑張り通します。そして、いつしか家を購入できる時期になると注文住宅にすることやデザイン設計すること色々と計画が大切になってくるのです。手に入れた不動産を大切に何十年も暮らしていくためには、ローンの支払も全て終わらせなくてはいけませんし、生活している中での修理代も用意しておく必要があるのです。自分の家を守る事は、それだけ責任があるのです。

収益不動産を持つことの魅力

収益不動産とは、賃貸に出したりして収益を生み続けるアパートなどの不動産のことを指し、広い意味では駐車場なども含みます。こういった不動産は、年金代わりにもなりますし、得られた収益で物件数を増やしていくことが出来れば、若い年代で引退することも夢ではなくなります。管理を代行してくれる不動産会社もあります。こうした理由から、日本でも近年、収益不動産を所有するサラリーマンなどが増えています。一定の新興国の富裕層などは、日本を含む海外の物件も所有することでリスクを分散する投資家もいます。