トップ >> 不動産の贈与・相続の免税

不動産贈与・相続の情報

不動産の贈与の免税について

不動産の贈与の際には、贈与税がかかりますが、その中でも控除される場合があります。それが、夫婦間での贈与の場合です。これを贈与税の配偶者控除といい、夫婦の場合には、自分が住むための不動産を購入する場合に2000万円までの配偶者控除が認められているのです。贈与税の基礎控除は110万円ですので、合計しますと2110万円まで控除対象となります。ただし、これが利用できるのは一生にたった一度きりです。このとき、夫婦関係が20年以上である場合、自宅もしくはその購入資金の贈与である場合、贈与を受けた資産は自宅として住み続ける予定であることが条件とされています。

不動産の相続の免税について

不動産を相続によって取得した場合には控除のきまりも設定されていますが、相続税として課税される場合もあります。基礎控除額は5000万円と法定相続人の数に1000万円をかけた金額です。また、配偶者は課税価格かける法定相続分か1置く6000万円のうちの高い金額に対する相続税を控除することができます。また、申告期限は相続開始後の10ヶ月です。配偶者の控除などは、期限までに申告しなければ受けることはできません。また、納税方法は原則として現金です。不動産を以って物納するという方法もありますが、条件が厳しいので、申告期限の2~3ヶ月前に税務署へ相談する必要があります。