不動産売買の税金の情報


過去の情報一覧

不動産を購入するときにかかる税

不動産を購入したときにかかる税金は、国税と地方税に分かれます。国税(国に収める税金)をもっと細分化しますと、印紙税、所得税、登録免許税などがあるのです。また地方税(地方公共団体に収める税金)を細分化しますと、「都道府県税」と呼ばれる不動産取得税(購入、新築、増改築、もらう、交換などによって取得の際にかかる税です)など、それから「市町村税」と呼ばれる住民税・固定資産税・都市開発税などが挙げられます。ちなみに、印紙税は売買契約書に貼付けする収入印紙のことです。登録免許税とは購入した方の名義に法務局に登記する際にかかる税です。

不動産を売却するときにかかる税

不動産を売却した際にも税金はかかります。こちらでも国税である印紙税、所得税、登録免許税がかかり、地方税である住民税です。印紙税は上記と同じく売買契約書に貼付けする収入印紙のことです。また売却の場合でも登録免許税がかかることがあるのです。それから、不動産を売却して譲渡益という利益がでると、その利益に対して所得税と住民税がでるのです。ちなみに、売却の場合の税金は控除されることがあります。言えを売却して得た譲渡益という利益が3000万円までなら課税されません。ただし現在自分が住んでいる住宅だった場合などの条件を満たしている場合に限られます。

新着情報

2014-01-28 希望に合った不動産が更新されました。
2013-10-16 家族で安らぐ注文住宅が追加されました。
2013-10-07 賃貸と方角の関係性が追加されました。
2013-10-02 フッ素樹脂塗料の特性が追加されました。
2013-09-20 不動産売却の良い時期が追加されました。